だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

G&G

f:id:ainoko777:20161017130912j:plain

G&G

グラス:テイスティンググラス

量:30ml

場所:自宅飲み

開封時期:開封直後

評価:A ニッカの実直なモノ作りを感じられるボトル

総合評価(コスパ):★7 終売品ではあるが2000円弱

 

香り:ノージングでは内陸系ピート、フレッシュなアルコール、アップルフィリング。口に含むとスモーキーフレーバーが続く中でカカオ、ウッディから甘い穀物の香りにつながっていく。余韻は長く続かず、素直に消える。

味:ビターだがアルコール感は少なく雑味もほとんどないプレーンな口当たり。中盤で果実味が膨らみ、マーガリンのようなオイリーなニュアンスも若干感じる。後半でようやく穀物由来の甘味が出現するが、ピートのほろ苦さは全体を通して感じ、ドライな余韻として閉じていく。

 

 ニッカのブレンデッドウイスキー、G&G。ボトル形状からサントリーオールドに対抗心むき出しなボトルです。

 やや辛口、スモーキーさにグレーンの複雑な香味をプラスしたウイスキー、派手さはないけれど素直に「落ち着くなぁ」と思わせる味わいです。落ち着くけれど引き出しも多く、普及価格帯としてはかなりの完成度です。ブラックニッカスペシャルも同じ方向性ですが、G&Gの方がスモーキー&ドライという余市モルトの特徴が出ていて、より熟成感も感じます。

 値段は2000円弱、ジョニ黒と同じ価格帯です。ジョニ黒の方がやや熟成感と樽感は強く感じますが、コスパ・味わいともに競合できる出来です。ジョニ黒、バラン12年でも甘すぎるというドライ党なら確実に勧められます。

 ストレートも良いんですが、少量加水で余市のコクを引き出しても良いし、ハイボールでもコシがしっかりしており楽しめます。これ、現行のシングルモルト余市より余市モルトの良さを感じやすいかもしれません。厚みはあるけど雑味の少ない質の高い酒質だなぁと思います。

 惜しむらくはニッカショックで終売になってしまったこと。ブラックニッカスペシャルほど在庫が大量にあるわけでもないようで地域の酒屋などで時折見かける程度です。

 酒屋さんなどで定価で売られていたら是非購入を検討してほしい銘柄ですね。

広告を非表示にする