だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

テイスティング評価の目安について

 

数字上は記録していますが、評価基準の簡単な説明を追記しておきます。

 

<個人的評価>は味そのものの評価です。

C、B、A、A+、S、S+、SSの7段階としてBを基準点として加点評価とします。

 

C:これはちょっといただけない…。

B:普通

A:合格!1つ以上みどころがある

A+:ひとつ上の味わいがある

S:特筆すべき美味しさ。優秀

S+:こういうボトルに出会えたら幸せ。超優秀

SS:死ぬ前にもう一度飲みたい。死んでからも飲みたい

 

<コストパフォーマンス>を見直し、<総合評価(オススメ度)>とします。

★3:ちょっと高くないですか?

★4:もう少しがんばって

★5:値段相応。リピートはしない。

★6:この価格なら満足。リピートはしないかな。

★7:この価格なら非常に満足。リピートしてもいい。

★8:確実にリピートする

★9:高くても買う

★10:金に糸目をつけない

 

こんな感じで見てもらえればと思います。

 

ティモラス ビースティ


f:id:ainoko777:20170531111021j:image

 TIMOROUS BEASTY 46.8%

量:ハーフショット

場所:BAR飲み

個人的評価:A

総合評価(コスパ):★

トップノートは明確なハチミツ感にスパイス。ピーチフレーバー、若干トロピカルフルーツも。中盤以降は森林浴のようなオークフレーバーが広がり、余韻はスッキリとわずかな木香。

口当たりはフレッシュなアルコール感と、ハイトーンなオークフレーバー。ピリピリとした刺激と花の香りはプロポリスっぽい。甘味は少なく、スンナリと口の中に収まる。余韻はドライで若干木の渋味が残る。

 

ダグラスレイン社が送る、地域ごとの特徴を意識したブレンデッドモルト

今回はハイランド地域をイメージしたティモラスビースティです。

公表されている使用原酒はブレア・アソール、バルブレア、グレンゴイン、グレンギリー、ダルモアなど。華やかなバーボン樽主体のブレンドです。

テイスティングコメントにも書きましたが、ハイランドらしいブレンドということで香り高く味わいはドライ。

複雑さはありませんが、まさにハイランドといった味わいです。

 

このダグラスレイン社のブレンデッドモルトは複数地域のものが出ています。

もっとも有名なのは○ゲたおっさんのラベルの印象が強いビッグピート。アイラ島モルトのブレンデッドモルトです。

他にもスペイサイド地域のスカリーワグ、アイランズ地域のロックオイスター、ローランドのザ・エピキュリアンがリリースされています。

 

ウイスキーを飲み始めた方であれば、これらが揃っているバーでテイスティングして好みの地域を見つけるのも良いかもしれません。

ロン・サカパ XO

f:id:ainoko777:20170128055058j:plain

Ron Zacapa Sentenario XO (ラム)

グラス:テイスティンググラス

量:30ml

場所:BAR飲み

個人的評価(参考):A+

総合評価(コスパ):★6

 

スッキリとした黒糖の香り、きな粉、干しブドウ。紅茶、タバコ、複雑さのある樽香。余韻は長熟らしい豊かな樽香が長く残る
口当たりはラムらしい植物っぽい甘さ、タンニン、栗、黒豆。ほろ苦さのある甘さが広がる。ラムにしては甘さは控えめ。
 
有名なラム銘柄のロン・サカパ。その中でも上位ラインナップのXOをいただきました。ラムらしい甘さはくどくなくさわやかなベリー系の香りももあり、長熟らしい豊かな樽香と長いフィニッシュが楽しめます。ウイスキーで言えば20年以上のオフィシャルのような感じです。
 
ウイスキーの価格が高騰しているのもあって、他の蒸留酒にも目を向けています。ラムでは1万円出すとハイエンドに近いボトルが買えます。ラムは比較的ボディもあり、甘さが気にならなければ良い選択になるんじゃないでしょうか。

カリラ 25年

f:id:ainoko777:20170509221036j:plain

グラス:テイスティンググラス

量:30ml

場所:BAR飲み

個人的評価:A+ さすがの長期熟成。

総合評価(コスパ):★5

 

カリラらしいスモーキーさもあるヨードにトースト、イチゴ。レモングラス、メロン、スイカのほんのりとした青っぽさ
口に含むとヨード、スパイシーさ。繊細ながら多層感のあるフルーツ、スミレっぽい花の香り。香味の厚みは強くはなくフルーツキャンディのような甘酸っぱさ。中盤以降は焦がしたウッディさが支配的に広がるが、余韻は程よく長い。
セカンドフィル主体にファーストフィルでバランスをとっていると思われる構成だが満足度は高い。
 
開封直後だったためピリピリとした刺激とウッディネスが結構強めに出ていましたが、時間経過で収まってくると考えるとかなり良いんじゃないかと思うボトルでした。
おいそれと買える値段ではないですが、長期熟成らしいリフィル系の樽から来ると思われる繊細なフルーツ感が楽しめます。
値段的には25年もので2万円弱ですからコスパ自体は悪くはないんじゃないですかね。いや、高いんですけど…。
 
長期熟成の経験値が少ないですが、お財布と相談しながら少しずつ飲んでいきたいです。

ボウモア17年 ホワイトサンズ

 

f:id:ainoko777:20170604171058j:plain

グラス:テイスティンググラス

量:30ml

場所:自宅飲み

個人的評価:A+ ボウモアらしいピート&フルーティ。樽感はやや強め

総合評価(コスパ):★7(8000円前後)

 

トップノートはフルーツをまとったヨード香。瑞々しいリンゴ、オレンジ、パイナップル、ココナッツ。後半はオーク香が広がりヨードとともに長めの余韻。
口に含むとまったりした口当たり。栗、焦げ感を伴うヨード。中間以降にグレープフルーツ、パイナップル、マンゴー、塩気、柿。後半はエンピツのような木の香り、渋みが残る。

 

開封直後はピリピリとしたスパイシーさと木の渋味が前面に出てきていましたが、時間経過とともにまったりとした口当たりにグレープフルーツ、トロピカルフレーバーが広がる佳作ボトルです。

 

このボトルは免税店向けに販売されたボトルですが、年数表記から1990年代中盤の原酒が使われていると噂でトロピカル感があると言われていました。テイスティングするとなるほどトロピカルってこんな感じなのねぇと納得できる味わいです。ボウモアらしいグレープフルーツ感もしっかり備わっていて、蒸留所の特徴と味わい、双方が備わっているボトルと感じました。

この価格帯では買って損はないボトルの1つと思います。

ブラックニッカ クロスオーバー


f:id:ainoko777:20170522063216j:image

BLACK NIKKA CROSSOVER

個人的評価:A

総合評価(コスパ):★6

 
フレッシュなアルコール感にバナナ、リンゴ。バニラと全体を包むピート、焦げた木の香り。
口に含むと意外と主張するピート、わずかに硫黄や乾いた木のウッディネス。柔らかいフルーティさからモルティなコク、ライチ。余韻の引き際は良いがピートが長く残る。 
ロックにしてもピートの主張は変わらない。フルーティさは後退する代わりに粘性のある甘味が感じ取れる。
 
昨年はブラックニッカ50周年記念としてブレンダーズスピリットをリリースしたニッカですが、今年も2つほどブラックニッカで限定商品をリリースするとのこと。その第一弾としてブラックニッカクロスオーバーが発売されました。
 スペック的には余市のヘビーピーテッド原酒と宮城峡のシェリー樽原酒をキーモルトにした個性豊かな仕上がりとの公式コメント。
 
 実際飲んでみると、新樽とおぼしき強烈なウッディネスと焦がしたピートのニュアンスが襲ってきます。シェリー樽の印象派と言うと、あまり主張してきません。強烈なシェリーというよりが中間での柔らかいフルーティさがメイン。そこから宮城峡らしいモルティなコクに繋がっている印象。昨年リリースされたシグナトリーのグレンリベット9年2006のような柔らかいフルーティさや甘味の要素を加えてくれているようです。
 
いい意味での荒さ、主張があるがブレンダーズスピリットとはかなり方向性の異なる味わい。好みは分かれそうですが、個人的には面白いかなと思います。ハイボールにしても腰砕けにならなそうな印象がありますので、価格的にもこれからの季節にぴったりなボトルだと思います。

ジョニーウォーカーブラックラベル 80~90年代流通

f:id:ainoko777:20160922230402j:plain

 Johnnie Walker BLACK LABEL 

グラス:テイスティンググラス

量:30ml

場所:自宅飲み

個人的評価:A+ ヒネ感少なく、濃厚な甘味、重いピートを感じられる。

総合評価(コスパ):★6

 

ジョニーウォーカーらしいピーティ、スモーキーに合わせて柑橘系のさわやかな香りが立つ。口に含むとシナモン・カルダモンの甘口スパイスから、タリスカーとおぼしき刺激的なスパイシーさが目立ってくる。潮気・カツオ出汁、柚子ピールの香り。

甘口な口当たりにオーキーフレーバーが広がる。スパイスから出汁っぽい旨味。ほどよいコクと甘い香りが余韻として残る。

 

我が家の晩酌用ウイスキーとして活躍しているオールドのジョニ黒ですが、前回紹介したモノとは別のボトルです。このボトルは、割とヒネ感が少なく、寒さもあってかオフフレーバーが目立たずに美味しく飲めています。ラベル表記から香港の免税店での購入品でしょうか。

ピートに負けないどっしりとした麦芽風味の濃いフレーバーが楽しめます。ショットグラスでのストレート、お湯割り、ハイボール、何でもイケるオールマイティさが嬉しいですね。

 オールドボトルは保管状態によっては香りが変質してしまいとても飲めない、あるいは枯れてしまうボトルもありますが、今回のは大当たり。現行品とほぼ同価格で買えますから、ついこちらを選んでしまいます。1つ前に購入したボトルは金属臭が強く、ボトルを冷やしてハイボールにしないと飲めませんでした。

現行品は個人的趣味ではありますが、黒よりも赤の方がコスパと味のバランスが良い気がします。現行品の黒も素晴らしいんですが、飲むとさらに良いモノを飲みたくなってしまうという悪循環が…(笑)。

 

 1990年代以前蒸留はどっしりと重い麦芽風味、旨味が強いです。これはスコッチ・ジャパニーズともに同様の傾向を感じます。オールドボトルの方が美味しいという方もいますが、僕は毎日飲むには重いですね。

 気軽に飲むには現行品の方が良いです。蒸留方法や麦の違いだけではなく、時代に合わせたブレンドの方向性というのもあると思います。