だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

ボウモア9年 シェリーカスク


f:id:ainoko777:20170719090314j:image

 BOWMORE AGED9 YEARS  SHERRY CASK MATURED

状態:開封直後

個人的評価:A

総合評価(コスパ):★6

香り:ヨード、焼けたゴム、梅干し、チェリー、シュガーシロップ。中盤以降はダークフルーツ感が強く感じる。
味:嫌みのない甘さ、苦味を伴うヨード。ビワ、オレンジ、スパニッシュ?アメリカンオーク?少し木の余韻

 

日本に正規輸入されていない?ボウモア9年です。

去年あたりから平行品で日本にも少し入ってきましたが、即完売となっていました。

今回は運よく購入することができましたので、レビューしたいと思います。

 

9年という熟成年数ながら、シェリー樽原酒中心のヴァッティングと推測されるダークフルーツを中心とした香味。熟成年数の割には加水でよくまとまっているように思います。

開封直後はゴムっぽいニュアンスが強く出ていて、あまり良い印象はありませんでした。時間経過と共にその要素は薄れます。ヨードは若干ありますが、シェリー樽の甘さが優勢です。

購入価格は12年と同じ4000円前後とコストパフォーマンスに優れています。

この価格帯でのシェリー樽中心のヴァッティングは貴重ですから、流通し始めると一気に人気が出そうです。


f:id:ainoko777:20170719090328j:image

ボウモア15年ダーケストと飲み比べもしました。

ダーケストはバーボンらしさもしっかりと主張して、複雑さをまとった味わい。

9年はバーボン由来の香味はあまり感じず、シェリー樽原酒の割合が多いことが感じ取れました。

なかなか面白いオフィシャルボトルでした。こういうボトルが増えてくるのは本当に嬉しいです。