読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

ラフロイグ トリプルウッド

 

f:id:ainoko777:20170120222410j:plain

LAPHROAIG  TRIPLE WOOD

グラス:テイスティンググラス(国際規格)

量:30ml

場所:BAR飲み

個人的評価:A ラフロイグらしい強烈なヨード香を受け入れられるかで評価が変わる。

総合評価(コスパ):★5 終売品

 

香り:トップノートはフルーティーな香りが中心。オレンジ、クランベリー、シェリー香。口に含むと強烈なスモーキー、潮、海藻。ヨードとフルーティさが長く続く。

味:口当たりはまろやかで強い甘味を感じる。その後ペッパー、クローブ、クミンの刺激系スパイスの風味が広がる。

 

免税店向けに販売されていた、ラフロイグトリプルウッド。トリプルウッドとはバーボン樽→クオーターカスク→シェリーカスクの3種の樽で熟成されたということ。それぞれのヴァッティングではなく、原酒を順番に寝かせる。ちょっと特殊な製法をとっています。

ラフロイグらしい味わいにシェリー樽での奥行きですが、後熟のためかシェリー香は控えめ。元々強い甘味を感じますから、控えめでも十分まろやかになってます。

でもラフロイグ、苦手なんですよね。ピート香ではなく、独特の海藻っぽさが苦手です。ただ、選り好みはしないようにたまに飲むようにしています。

好きな人は好きですから、まだまだ修行が足りませんね!