読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

グレンモーレンジ18年

f:id:ainoko777:20160918071055p:plain

GLENMORANGE EXTREMELY RARE Aged 18 years

グラス:テイスティンググラス

量:30ml

場所:BAR飲み(原価BAR 五反田)

個人的評価:A+ 蝋のようなニュアンスが苦手でなければ素直に麦芽感を楽しめる

総合評価(コスパ):★4 (700mlボトル約9000~10000円)18年のスコッチシングルモルトとしては最近では安めな価格。

アーモンドにフルーティなエステルとアルデヒドのバランス。バナナ、甘夏の香りに干し草、微かな溶剤系の香り。鉛筆のような乾いた木の香りとほんのりと煙のピート、蝋燭。クリアな酒質は味わいはドライだが素朴な麦芽の風味も感じる。
後味はバニラとキウイ。干し草を伴った甘い余韻が長く続く。
 
軽めでサラッと飲めるクリアな酒質、硬水で仕込むこだわりを持つモーレンジです。オールドボトルはしっかりとした麦芽風味ですが、現在のモーレンジはクリアで軽い味わいを推しています。味わいはオフィシャルスタンダードである10年の延長線上ですが、深みやバランスはなかなか良いと思います。後半にロウソクのようなニュアンスがあり、人によってはパフュームと表現する方もいますのでその部分で好みは分かれそうです。気にならなければ素直な麦芽風味のミドルエイジボトルとして楽しめるでしょう。
 
 現在のオフィシャルボトルは、10年相当のオリジナルと今回の18年に加えて、シェリー樽フィニッシュのラサンタ、ソーテルヌ(貴腐ワイン)樽フィニッシュのネクタードール(テイスティング記事はこちら)、ポートワイン樽フィニッシュのキンタ・ルバンがあります。これらの12年のカスクフィニッシュシリーズはおススメです。スタンダード10年を別樽で2年間後熟させたもので樽の風味を知るには非常に勉強になります。
どれも甘口な仕上がりなのでこれからの季節に楽しむのが良いのではないでしょうか。