読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

アードベッグ10年

f:id:ainoko777:20160817084514j:plain

ARdbeG 10 years Old

グラス:テイスティンググラス

量:ハーフショット

場所:BAR飲み(BAR Enlightment)

個人的評価:A+ ラフロイグとは異なる方向性のアタックの強さと燻製の香りという個性を持つモルト

総合評価(コスパ):★5 700mlで4500円程度。ヨード香を求めるならラフロイグボウモアでも良いと思う。

 

スモーキー、スパイシー、イソジン。青リンゴ、ライム香料。口に含むと硝煙の香りと共に柔らかい麦芽。余韻は硝煙と樽香がアイラモルトにしてはあっさりと引いていく。

46度とややハイプルーフ仕様でアタックが強く感じますが、余韻は比較的あっさりで酒質はクリアで爽やか・ドライ系です。イソジンのようなヨード香があり、ラフロイグと比較すると爽やかな香りが隠れています。

僕が初めて飲んだアイラモルトであり、その強烈な個性に目を見開いた記憶があります。余韻のヨードはべったりというほどではなく、まだ飲みやすい印象でした。個人的にはラフロイグの強いヨードの余韻が苦手です。

 

オフィシャルボトルにはシェリー樽熟成原酒をヴァッティングさせたウーガダール(テイスティング記事はこちら)、フレンチオーク新樽で熟成させたコリーヴレッカンがあります。

アードベッグのオフィシャルの特徴としてはアルコール度数を高めて口当たりの強さを作りつつ、酒質由来の後味はドライでスッキリという感じです。55ppmのヘビーピート麦芽なので、アイラモルトの中ではスッキリといった印象ですが…。

ラフロイグと比較して飲むのはとても面白いモルトだと思います。

広告を非表示にする