読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だーさんのウイスキー広場

安いものからそこそこ高いもの、オールドボトルまで。ウイスキーラヴァーのテイスティング記録、ウイスキーブログです。

百聞は一飲にしかず。

 

ウイスキーを飲んでいて感じることは、やはり言葉や文章などで得た情報と実際に飲んでみて感じる情報というのは結構違いがあるということです。

百聞は一飲にしかず、という言葉がぴったりで、この部分はどうしても経験がモノを言ってくる部分かと思います。

もちろんシェリー香、エステル、アルデヒド、ピートなどウイスキーのニュアンスを伝える共通項の言葉はありますが、それも実際の味を経験したかどうかで伝えられるニュアンスも異なります。

例えばマッカランはウイスキーのロールスロイスと呼ばれていますが、実際に飲んでみると意外と強烈な主張を持つ酒質です。荒々しいアルコール感と麦芽感、かすかな酵母臭のニュアンスが特徴です。

あるいは、ボトル開封直後の味わいと数日後のこなれた味わいが随分と異なるウイスキーもあります。ウイスキーは変化しないと言われますが、空気に触れればやはり変化が起きますし、おそらくですが数日後のこなれた味わいこそが本来の味わい、ブレンダーが表現したい味わいなのではないかと思います。

このように言葉だけが先行してしまい、そのウイスキーの本質を見逃してしまっては本末転倒になってしまいます。

 

経験は持っていて、しかし目の前の一杯を味わいきる。

 

まだまだ若輩者である自分が、自分に言い聞かせている部分もありますが、胸に刻んでウイスキーを楽しんでいきたいと思います。